性病の感染原因と主な症状

性病や性感染症は主に感染している相手との性行為により病原体が粘膜に触れることによって感染します。
ここで言う性行為とは単なるセックスのことを指すのではなく、口や肛門を使った行為も含まれます。
なお、妊婦が感染した場合は産道感染によって出産時に子供に病気が感染してしまうこともあり、最悪の場合は流産することもあるため注意が必要です。また、性病に感染にていると不妊症になりやすくなったり、抵抗力が落ちることでHIVに感染する確率が通常よりも高くなるため、極力早めに治療をすることが望ましいです。
性病の症状は病気の種類によって異なります。
日本で最も多い性感染症である性器クラミジア感染症は、男性が感染すると尿道に不快感や痒みが生じたり排尿時に痛みを感じたりします。
また、尿道から膿が出ることもあります。
女性が感染すると下腹部に痛みを感じたり、おりものが増加したりします。
ただし、女性の半数ほどはクラミジアに感染しても症状を感じません。
だからと言って放置しておくと卵管炎を起こし、子宮外妊娠の原因にもなりかねません。
オーラルセックスで喉に感染した場合は腫れや痛みが生じ、咽頭炎や扁桃腺炎を起こすこともあります。
淋菌感染症は男性に多い性病で、特に喉から性器へと感染するケースが多いです。
男性だと尿道から粘り気のある膿が大量に出たり、激しい痛みを感じます。
女性の場合は性交時に痛みを感じたり出血が起こります。尿道炎を伴う場合もあります。
なお、淋菌感染症に感染している人のうち、20~30%ほどが性器クラミジア感染症にも同時感染しています。
一方で女性に多いのが性器カンジダ症で、カビの一種によって引き起こされます。
他の性病同様性行為でも感染するのですが、このカビは常在菌なので免疫力の低下などによって性行為をしていないにも関わらず発症するケースもあります。
症状としては膣の痒みや排尿障害、おりものの増加などが挙げられます。
通気性の良い衣類を着用することでカビを棲息しにくくすることが可能です。
なお、男性は症状が出にくいのですが、亀頭が赤くなったり爛れたりすることもあります。
尖圭コンジローマは発症すると性器や肛門の周辺に乳頭状、もしくは鶏の鶏冠のような形状のイボが生じます。
自覚症状はあまりありませんが、病状が進行するとイボは大きくなって数も増えます。なお、似たような症状にフォアダイスがありますが、こちらは病気では無いため心配はいりません。

淋菌感染症(淋病)に聞く薬