性病と腫瘤とアレルギー性紫斑病症状について

アレルギー性紫斑病は、アナフィラクトイド紫斑病や、ヘノッホ・シェーンライン紫斑病と言われることもあります。血管性紫斑病のひとつでもあるのが、アレルギー性紫斑病症状です。アレルギー性紫斑病症状の症状としては、関節痛やむくみ、出血斑や腹痛などがあります。最も多い年代は、3歳から10歳の年齢層であり、女児よりも男児に多く見られます。年間の発症率としては、10万人辺りだいたい10人から20人です。アレルギー性紫斑病症状は夏の発症は少なく、秋から初夏にかけては多くなります。大体半分位は腎臓病が認められます。

一般的に言う腫れもの瘤のことを、腫瘤と言います。腫瘤は医療の分野では、例えば甲状腺の腫瘤といった言い方をします。甲状腺の腫瘤はしこりですが、悪性の場合は癌の可能性がありますが、良性の腫瘤もあります。甲状腺における悪性の腫瘍というのは、乳頭癌という比較的大人しい癌であることが8割でもあります。早い段階での適切な治療を行うことで、生命に関わることもないと言われています。声がかすれたり、喉に違和感を感じたり、甲状腺が腫れたり、異変を感じたら、早めに病院で検査を受けて、適切な治療をしていくことです。

性病の種類には、梅毒という性病もあります。性交渉によって感染する性病であり、感染してから3週間くらいすると、感染部位が硬くなります。ほとんど痛みを感じることはありませんが、潰瘍ができます。この段階で気がつけばいいですが、放置すると今度は、両側鼠径部のリンパ節が、だんだんと腫れます。しかし、こうなっても痛いとは感じません。ですが怖いことに、全身に血液で梅読破運ばれることになるため、検査を早めに受けることです。